心筋梗塞やがんなどの病気│HURRY治療でHAPPYに

医者と聴診器

肝臓がん

肝炎ウイルス検査が役立ちます

転移性の肝臓がんを除き、一般の肝臓がんの場合には原因の一つに肝炎ウイルスによる感染が挙げられます。このような肝炎ウイルスには、知らず知らずのうちに感染していることがあり、数十年後に肝臓がんという形で現れてくることもあるのです。肝炎は自覚症状がない場合も多く、意識して検査を受けない限り早期発見は難しいとされています。 最近では、このような肝炎のウイルス検査を各自治体が行なっています。健康診断の一環として項目を設けている自治体が多く、年齢によっては無料で検査が受けられることもあるのです。そういったお得な機会を利用して、ウイルス感染の有無を調べておけば、万が一陽性の結果が出た場合にも早目に対策がたてられます。

様々な所で感染が生じるのです

肝臓がんを引き起こすとされる肝炎ウイルスは、実際様々な所に感染のリスクがあります。肝炎ウイルスは主に血液など体液によって感染するため、現在では性交渉や注射器の使いまわしなどが指摘されているのです。肝炎は母子感染も起こり得ますが、現在では徹底した予防態勢が築かれているため、妊娠や出産で感染を広げる可能性は低いと言えます。 以前は、主に血液製剤を用いた輸血や医療器具管理の不徹底などが肝炎ウイルス蔓延の一因とされていました。現在肝炎の治療を受けている方の中にも、このような理由で感染をしたケースが見られます。 肝炎は、放置すると肝臓がんにまで発展する恐い病気です。肝臓がんはがんの中でも治療が難しいため、発症する前に食い止めるという予防策が必要となります。

心臓の血管

心筋梗塞は生活習慣と関係の深い病気です。日頃から身体に負担になっている暴飲暴食、ストレス、喫煙などが重大な病気へとつながっていくのです。心筋梗塞では強い胸部の痛みなどを伴い、命に関わりますので健康に気を配りながら生活していく事が重要になってくると思います

Read More

悪性リンパ腫での治療

悪性リンパ腫の治療では、現在生物学的製剤が広く用いられています。生物学的製剤はより効率的な治療が可能な薬で、副作用も少ないため人気です。現在では保険が適用になり、少ない負担で利用が出来るようになりました。

Read More

直腸がん

直腸がんは、食生活の欧米化によって日本でも増加傾向にあるがんです。腸内環境の悪化が発症リスクを高めるとされており、現在では食生活の改善が直腸がんを予防するためには不可欠となっています。痔など、他の病気との区別も重要な課題となっているのです。

Read More